高級品質日本手ぬぐい 手ぬぐい考房【てんてん】 本染めオリジナル制作

オリジナルデザインの日本手ぬぐいを製作・販売しています。ごゆっくりご覧下さいませ。

ホーム 手ぬぐい一覧 ギフト包装 オリジナル手ぬぐい製作例 オリジナル見積り 名入れ見積り お問い合わせ サイトマップ

てぬぐい商品一覧

カゴの中を見る

特定商取引に関する法律に基づく表記
初めての方へ
お支払い方法・送料について
プライバシーポリシー
製作依頼からお届けまでの流れ
手ぬぐいについて
お客様の声
よくある質問
TOP画像ギャラリー

風呂敷オリジナル製作

Tシャツ

オレらのTシャツ

雑貨

ちまてん

ゆめぞう


よくあるご質問

質問1 取り扱い商品について

日本手ぬぐいの他に、暖簾、半纏、法被(はっぴ)などを製作しております。
オリジナルの製作を承っておりますので「用途」「枚数」「納期」「デザイン」等 お気軽にお問い合わせ(ご用命)ください。

質問2 オリジナル手ぬぐいの納期について

デザインを入稿して製作する場合
通常30日前後ですが、お急ぎの場合はご相談ください。
調整可能な限りご要望に添う様努力させていただきます。
但し繁忙期はご要望に添えない場合もございますのでご了承くださいませ。

デザインを任せて製作する場合
大まかなご要望等を伺います。
デザイン〜校正等に1週間前後、手ぬぐい製作(型・染め・仕上げ)に3〜4週間前後をご予定ください。
繁忙期は更に1週間程度かかる場合がございます。
但しプリント手ぬぐいは最短10日間程度で仕上ります。

質問3 注染手ぬぐいの原稿制作時に注意する点について
  • 注染手ぬぐいは、染めを施す際、染めない部分(白場)に糊(防染糊)を入れます。
    その糊が入るスペース(染めない部分=白場)は最低約1.5ミリの巾が必要です。
    ※糊がまわらないと白場が潰れてしまうため特に注意をお願いいたします。
  • 細かい柄(線)を優先される場合は、デザインを拝見させていただいてから 「プリント手ぬぐい」叉は「両面捺染」をご提案させて頂く場合がございます。
質問4 差し分け加工による多色染め(1枚の型で多色を染める方法)ついて

1枚の型で2色以上を染める場合の方法です。

  • 「色1」「色2」の隣り合った色が混ざらないように糊で土手(堤防のようなもの)を作ります。
  • 土手で囲んだ中に色を注ぎ入れます。
  • 土手の幅は最低8ミリ必要ですので、隣り合う色の間隔は8ミリ開けたデザインが求められます。

※「色1」と「色2」の間に8ミリの白スペースを確保してデザインしてください。 当店の多色染め手ぬぐいのほとんどは差し分け加工によるものです。

質問5 注染とプリントの違いについて

注染手ぬぐい
熟練職人が昔ながらの伝統的な染め方で、経験と勘を駆使して丁寧に製作しております。
染料を注いで生地に通すため裏まで染まります。
また、使うほどに注染ならではの風合いが増し、味わい深くなります。 くっきり仕上がる「プリント」に比べて、味わい豊かな「注染」の風合いとして 「にじみ」「ゆらぎ」「ぼやけ」等がございます。
気温や湿度、糊の具合等でその都度出方が異なるのも特長です。
極端な場合を除き、本染めの特性(職人の手の跡)とご理解いただければ幸いです。

プリント手ぬぐい

  • 注染では対応できない細かい柄や色など自由にデザインを楽しめます。
  • 裏はプリントされないため生地の色が残ります。
  • 生地にもよりますが裏染まりは約40%程度です。
  • 工程は注染程多くないので納期も早く製作料金が押えられます。

両面捺染手ぬぐい

  • 注染よりは細かい柄に対応しており、仕上がりが安定しています。
  • 注染の風合いとプリントの便利さを兼ね備えております。
  • 生地にもよりますが裏染まりは約90%程度です。
質問6 クレア染めについて

クレア染めとは染色を施された生地に絵柄を染める技法です。
先ず白生地全体を指定の色に染めます。その生地に通常の注染方法で絵柄を染めます。
生地をオリジナル色にできるため、独特の仕上りを楽しめます。
※地色と染め色の間に白縁はできません。

質問7 デザインは苦手ですが…

特殊な場合(似顔絵・アート絵・専門知識を要するイラスト・特殊な風景画)を除き「デザイン無料」で承っております。
熟練した図案家がイメージに添う様、精一杯デザインいたします。
ご要望・イメージ等をお気軽にご相談ください。
※製作後に「デザイン料」を請求することはございませんのでご安心ください。

質問8 注染手ぬぐい及び手染め伴天のご使用に関しての注意とお手入れ方法について
  • 最初の洗濯はたっぷりのぬるまゆで単独で洗ってください。
    他の洗濯物と一緒に洗うと移染する場合があります。
  • すすぎは十分にして下さい。
  • 雨や摩擦、汗等で色が移ることもあります。
  • 長時間水につけると白場に汚染する事があります。
  • 漂白剤入り洗剤の使用は変色の原因になりますので避けてください。
  • ドライクリーニングは避けてください。

質問9 両端のほつれについて

両端が切りっぱなしの手ぬぐいは乾きやすく衛生的ですね。
気になるほつれ糸はその都度ハサミでお切りください。
2〜3回の洗濯でほつれなくなります。
※オリジナル手ぬぐいを製作される際に両端を縫うことも出来ますのでご用命ください。

ページトップへ

本サイトに掲載されている画像・内容の著作権は【手ぬぐい考房 てんてん】に属します。転用、転載は一切禁じます。